なぜ虫歯になるのか?

こんにちは、かわさき歯科・矯正歯科
院長の川崎です。

先日、患者さんからこんな疑問を受けました。「川崎先生、毎日歯を磨いているのに、どうして虫歯になるのでしょうか?」

結論から言います。

「虫歯の出来やすい場所の汚れが落ちていなかったから」と考えられます。

歯を磨いても汚れが落ちていなければ、歯を磨いていないと同じことです。

歯磨きの一番の目的は、「プラーク(歯垢)を落とすこと」です。

歯を磨くタイミングに注意し、特にプラークの付きやすい場所を丁寧に磨く必要があります。

【正しい歯磨きの3つのポイント】
1 その日の汚れはその日に落とす。
(虫歯の出来やすい場所)
・歯の噛む面
・歯と歯の間
・歯と歯ぐきの境目
をしっかり磨いてください。

2 お口の大きさに合った歯ブラシを選んでください。
直角に当ててソフトタッチで磨く。

3 虫歯を防ぐには、磨き残しをいかに少なくするかが大切です。
丁寧に歯を磨く習慣をつけましょう。
また、糖分を採りすぎない食生活を心がけ、糖分がお口の中にある時間を
なるべく少なくしてください。

最も一般的な歯磨きの方法は「スクラッピング法」です。

歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境に垂直に当て、小刻みに横にこすってプラークを取り除きます。

歯ブラシだけでは、歯の汚れは60%程度しか落とすことはできません。必ずデンタルフロスや歯間ブラシなどを併用することが大切です。

歯周病に適した磨き方もあります。

興味がある方は、気軽に聞いてくださいね。

【部分矯正について】

こんにちは、かわさき歯科・矯正歯科
院長の川崎です。
最近、「部分矯正(プチ矯正)」のお問い合わせをいただく事が非常に多くなって来ておりますので、【部分矯正】について、お伝えさせていただきたいと思います。
【部分矯正について】
矯正はあごの骨や噛み合わせなど、その全体を見て行うのがベストなのですが、ちょっとした部分矯正を行うことも可能です。
例えば、前歯だけに矯正装置を装着する場合は、全体の矯正であれば数年掛かるところが、1年以内に終わるというケースもあります。もちろん、その分費用も抑えることが出来ます。
また審美治療の面でも、いきなり歯を削って被せ物をするより、まず部分矯正を行って歯茎のラインを揃えることで、審美治療を長持ちさせることも出来ます。しかしながら、全ての症例を部分的な矯正治療で対応出来るとは限りません。
当院では、まず詳しい検査とカウンセリングを行い、部分矯正で対応出来るものかをご説明し、納得いただいた上で治療いたします。
【部分矯正のメリット】
全体矯正と異なり、治療期間が短縮出来、費用を抑えることが出来ます。
使用する装置も様々なバリエーションがあります。ちなみに、当院で一番人気が高いのは、「透明マウスピース矯正」です。不幸にして歯を欠損した場合において、部分矯正を併用することで、隣にある天然歯を極力削らずに被せの治療が出来る場合もあります。治療費用については患者様によって異なりますので、カウンセリングの際に詳しくご説明致します。
【部分矯正のデメリット】
部分矯正では対応出来ない症例があるのも事実です。「前歯のガタガタの程度が大きい」
「顎の上下左右にズレがあることで、噛み合わせに問題がある」
といった場合は、部分矯正で対応が出来ない為、全体の矯正治療がお勧めです。

 

当院では、無料でカウンセリングを行っておりますので、少しでも気になられている場合は、お気軽にご相談頂ければ幸いです。矯正歯科認定医の院長が丁寧に対応させていただきます。

0050

かわさき歯科・矯正歯科
院長  日本矯正歯科学会認定医 川崎 健一

神奈川県大和市深見西1-4-30

0120-918-418

http://www.rfdnt.com/

 

#大和市 #大和 #歯科 #歯医者 #インビザライン矯正 #部分矯正 #矯正認定医 #矯正専門医 #東北大学 #歯列矯正 #歯科医院 #鶴間 #マウスピース矯正 #虫歯 #神奈川 #インビザライン
クリックして返信または転送

メディア取材のお知らせ

こんにちは。
かわさき歯科・矯正歯科  院長の
川崎健一です。

NTTドコモのWebマガジン エディトゥールに、私が取材を受けた記事が掲載されました。今回は「今からでも遅くない歯列矯正のススメ」という記事に取材協力させていただいております。

http://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/18302

 

 

#大和市 #大和 #歯科 #歯医者 #インビザライン矯正 #部分矯正 #矯正認定医 #前歯 #東北大学 #歯列矯正 #歯科医院 #鶴間 #虫歯 #神奈川 #インビザライン #マウスピース矯正

 

子供の矯正(小児矯正)を始める時期について

みなさんこんにちは。かわさき歯科・矯正歯科 院長 川崎です。

子どもの歯列矯正は、『第1期治療』(乳歯列期に行なう治療)と『第2期治療』(全て永久歯に生え変わってから行なうまとめの治療)に分かれています。

第1期治療では、将来大人の歯がきれいに生えそろうように、成長を利用して矯正治療を行ないます。

第2期治療では大人の歯の歯並びや噛み合わせを整える治療を行ないます。

乳歯列期は顎がいちばん成長する時期です。大人の歯が生えてくるのにあわせて、歯並びが悪くなる場合が多いため、一般的にこの時期に第1期治療を始めるのが理想的です。年齢的には5~7歳くらいが目安です。
第1期治療終了後、歯並びや噛み合わせの状態によって、第2期治療へと移行するケースもあります。

前歯が4本程度大人の歯に生え変わって、でこぼこや出っ歯、反対咬合などの問題があった場合は、矯正歯科のカウンセリングを受けてみましょう。

 

大和市 歯科 「かわさき歯科・矯正歯科」

神奈川県大和市深見西1-4-30

0120-918-418

http://www.rfdnt.com

#大和市 #大和 #歯科 #歯医者 #インビザライン矯正 #部分矯正 #矯正認定医 #前歯 #東北大学 #歯列矯正 #歯科医院 #鶴間 #虫歯 #神奈川 #インビザライン #マウスピース矯正

院長ブログ開設のお知らせ

みなさんこんにちは。

かわさき歯科・矯正歯科 院長の川崎健一です。

このブログでは、最新の歯科情報や知ってためになる話題を掲載していきたいと思います。

よろしくお願いいたします!

 

 

大和市の総合歯科 かわさき歯科・矯正歯科

http://www.rfdnt.com

#大和市 #大和 #歯科 #歯医者 #インビザライン矯正 #部分矯正 #矯正認定医 #前歯 #東北大学 #歯列矯正 #歯科医院 #鶴間 #虫歯 #神奈川 #インビザライン #マウスピース矯正