院長がdocomoのサイトに取材を受けました。

かわさき歯科・矯正歯科 院長の川崎健一が、NTTドコモのサイトから取材を受けた記事が公開されました。

エディトゥールhttps://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/116012

インビザライン公式認定医(ダイアモンドプロバイダー)の院長によるカウンセリングは無料です。まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。
【フリーダイヤル】0120-918-418

かわさき歯科・矯正歯科 院長 川崎健一

( 国立 東北大学歯学部卒・歯学博士・日本矯正歯科学会認定医・インビザライン公式認定医)

#インビザライン大和 #インビザライン大和市 #かわさき歯科矯正歯科 #マウスピース矯正大和 #マウスピース矯正大和市 #部分矯正大和 #部分矯正大和市 #川崎健一 #ダイヤモンドプロバイダー

 

口呼吸について

みなさん、こんにちは。

神奈川県大和市の歯科・矯正歯科

かわさき歯科・矯正歯科 院長の川崎健一です。

 

今回は「口呼吸と歯列不正の関係」について、お伝えいたします。

 

毎日多くの子供たちを診察していると感じるある種の偏り。

虫歯ゼロで歯並びや咬み合わせの良いグループ、虫歯が多く歯並びにも問題があるグループ。

 

これは明らかに偏りが見られ、日常のブラッシングや食生活だけでは説明がつかないケースが多々あります。

 

もちろん虫歯にしても不正咬合にしても一つの要因だけで病態が極端に悪化する事はなく、様々な要因が絡んでいるのですが、その一つに「口呼吸」が関連しています。

 

「お子様が鼻と口のどちらで息をしているか」

 

普段、意識することはおそらく無いかと思いますが、改めて意識的に見てみると気付かされる事があるかも知れません。

 

上下の唇が閉じていないと口の中が乾燥状態になり、虫歯が発生しやすくなるだけでなく、唇による外側からの抑えが効かなくなり、歯が前方に傾斜しやすくなります。

(出っ歯になりやすい)

 

出っ歯傾向になると、更に唇を閉じることが難しくなり、ますます悪化していく訳です。

 

明らかに「ポカン」と開いているケースだけでなく、保護者の方も知らないうちにお子様が「口呼吸」になっている場合も多くあります。

 

お子様の咬み合わせや歯並びが気になる場合には、見た目だけでなく、それらの日常での良くない癖が無いかどうかをチェックしてみることをお勧めします。

 

お口回りのことでご不安などが御座いましたら、お気軽にご相談・ご来院くださいませ。

 

かわさき歯科・矯正歯科

院長  川崎 健一

 

(住所)神奈川県大和市深見西1-30-4

(TEL)0120-918-418

(サイトURL)http://www.rfdnt.com/

#大和市歯科 #大和市歯医者 #大和市小児歯科

#大和市歯周病 #大和インビザライン

#大和市矯正歯科 #大和市部分矯正

#大和市マウスピース矯正 #大和市インビザライン

#川崎健一 #ダイアモンドプロバイダー

#かわさき歯科矯正歯科 #表参道矯正歯科

#イーパーク歯科 #epark歯科