なぜ虫歯を放置してはいけないのか?

みなさん、こんにちは。
かわさき歯科・矯正歯科 副院長の趙です。

今日は
「なぜ痛くない虫歯を放置してはいけないのか?」
についてお話ししたいと思います。

「虫歯はあるが痛みはない」
このままにしていいのだろうか?歯医者に行った方が良いのだろうか?など、心配な方も多いのではないでしょうか。
虫歯は急に出来るものではなく、徐々に進行するものです。

実は痛みが出ている虫歯はかなり進行してしまった虫歯なのです。そのため痛みがなくても歯医者で治療してもらった方がいい場合が多いのです。

今回は痛みはないが絶対放置してはいけない危険な5つの虫歯と治療をお伝えします。是非参考にしてみて下さい。

【痛みはないが絶対放置してはいけない危険な5つの虫歯と治療】
1 歯の中が黒く透けている虫歯
黒く透けている歯は、歯の中で虫歯が大きく広がっている状態です。
歯の表面は硬いエナメル質で覆われていますが、エナメル質の一部が虫歯で溶かされると、歯の中にある柔らかい象牙質に虫歯が広がってしまいます。
そのため硬いエナメル質だけが、歯の中で虫歯が広がり、歯が黒く透けて見えるのです。歯の痛みは虫歯が歯の神経の近くまでいかないと出ないことが多いです。

〇治療:出来るだけ歯の神経を残した治療
歯の痛みが出ていない場合は歯の神経を残した治療が出来る可能性があります。しみや痛みなどの症状が出始めてしまうと神経を抜く治療が必要になる場合があります。

2 大きな穴が空いてるのにしみない虫歯
大きな穴が空いてるのに痛みがない場合は、歯の神経が死んでいる可能性があります。
虫歯が大きくなり、歯の神経に虫歯が達するとしみや痛みが出ます。しかし、歯の神経が死んでしまうとしみや痛みが無くなってしまうのです。その後、歯の内部で細菌が繁殖し、歯茎が腫れたり、顎が痛くなったりします。

〇治療:歯の根を消毒する
歯の根の治療が必要です。
虫歯の部分をすべて取り去り、根の中を消毒していきます。
根の中がきれいになった状態にして、再度細菌が入り込まないように、薬を詰めます。ただし、虫歯の部分が中で広がりすぎている場合は抜歯になることもあります。

3 根だけになってしまった虫歯
虫歯が進行し、どんどん欠けていきます。最後には根の一部が残るようになってしまいます。
この状態を放置するとかみ合わせがズレてしまいます。まわりの歯が倒れたり、上の歯が出てきたりして、顎の位置や顔の形まで変わってしまう事もあります。

〇治療:抜歯をして、ブリッジなどにする
抜歯が必要です。
抜歯後動いてしまった歯を場合によっては部分矯正で元に戻してから、抜歯した部分にインプラントやブリッジ、入れ歯などの治療を行います。

4 金属の下で虫歯になり歯茎から膿が出ている虫歯
金属の下で虫歯になると痛みが出ないまま虫歯が進行し、歯の神経が死んでしまい、歯茎から膿が出る事もありますが知らぬ間に虫歯が進行し、顎の骨に膿がたまり、歯茎から膿が出てきます。

〇治療:歯の根を消毒する
金属を外し、歯の根の治療を行います。根の消毒がうまくいけば歯茎から膿はなくなってきます。ただし、あまり長期間放置していると根の治療だけでは改善しない場合もあります。

5 詰め物がとれたままの虫歯
歯の表面はエナメル質に守られています。詰め物が取れたままだと、中にある弱い象牙質がむき出しとなるため、虫歯の進行が早くなります。

〇治療:詰め物をする
痛みやしみが出ていないうちであれば歯の神経を残して治療することが出来ます。小さい虫歯であればプラスチック、大きいものであれば、セラミック、銀歯で治療します。

以上5つになります。

少しでも虫歯の事で気になることが御座いましたら、お気軽にご相談にお越しくださいませ。

かわさき歯科・矯正歯科
副院長  趙

神奈川県大和市深見西1-4-30

0120-918-418

http://www.rfdnt.com

#大和市 #大和 #歯科 #歯医者 #インビザライン矯正 #部分矯正 #矯正認定医 #矯正専門医 #東北大学 #歯列矯正 #歯科医院 #鶴間 #虫歯 #神奈川 #深見西

虫歯は自然に治らない

みなさん、こんにちは!
かわさき歯科・矯正歯科 院長の川崎です。

現代はインターネット社会になり、自宅にいながら買い物できる時代です。

しかし、歯痛で歯科医院に駆け込む患者さんは時代を経ても変わりません。

虫歯は我慢していれば治ると間違った考えを持った人がごくまれにいます。

断言します。

ごく初期の虫歯以外は絶対に自然治癒しません。

我慢したり放置していると・・・
症状は「違和感」➡「しみる」➡「時々痛い」➡「激痛」へと変化していきます。

虫歯の初期症状で治療をすれば、痛みを伴う治療はなく、回数も1・2回で済みます。

後期症状になると麻酔も必要になり、治療回数もかなり増えていきます。

さらに急な痛みが出ると、1回の治療では十分な処置ができず、来院後数日間は痛くて辛い日が続くことがあります。

この辛さを1度経験してしまうと「歯科治療は痛くて怖い」という固定観念をつくり、痛くない初期治療の機会を逃してしまいます。

初めて歯科治療を受ける子供に「痛くても我慢して」と言い聞かせる母親をみかけます。自らの経験から出た言葉なんでしょう。
でもそれは、子供の心理的な不安や恐れを倍増させています。

治療の日数は初期症状では、数日で済みますので問題ありません。

しかし、多数の虫歯や進行した歯槽膿漏の場合は長くなります。
それでも長い人生の中のわずかな期間です。

歯科医院は治療費がかさむと考える人がいますが、虫歯をほったらかしにしてインプラントになれば、費用は莫大にかかります。

小まめな歯のメンテナンスの費用と入れ歯の苦痛・インプラントの費用を天秤にかけてください。

あなたはどちらを選択しますか?

歯磨きの実行と定期検診、早期治療が第一です。

3~6カ月に一度の検診で歯の不調を事前にチェックすることが出来ますよ。

ぜひとも「定期検診」をお勧めいたします。

 

かわさき歯科・矯正歯科
院長  川崎 健一

神奈川県大和市深見西1-4-30

0120-918-418  http://www.rfdnt.com

#大和市 #大和 #歯科 #歯医者 #インビザライン矯正 #部分矯正 #矯正認定医 #矯正専門医 #東北大学 #歯列矯正 #歯科医院 #鶴間 #虫歯 #神奈川 #深見西

「歯が痛いときの主な原因」

みなさん、こんにちは、
かわさき歯科・矯正歯科 院長の川崎です。

今回は・・・・・・
「歯が痛いときの主な原因」
について、お伝えさせて頂きます。

「歯の痛み」というと、皆さんが最もイメージするのが虫歯の痛みだと思います。しかし、実は痛みを伴うお口の疾患は虫歯だけではありません。

今回は、歯が痛む主な原因についてお話しさせて頂きます。
原因がいずれにしても、歯の痛みを放置してよい事など全くありません。痛みを感じたらご自信で判断せず、すぐに歯科医院へおこし下さい。

また、定期検診に通う事で、痛みを感じる前に対処出来れば、トラブルレスなお口の環境を保つことが出来ます。

【虫歯】
歯が痛い原因でよくあるのが虫歯です。
虫歯は、自分では見つけることが出来ない場所に出切る事が多く、「大丈夫かな?」と自己判断でやり過ごしてしまうこともあります。
その痛みが虫歯であった場合、自然に治ることはありませんのでご注意下さい。

虫歯は進行性の疾患ですので、例えば前述のようにやり過ごしてしまうと、次に痛みが出てもう一度虫歯を疑うまで、どんどん虫歯の範囲は進行してしまいます。

自分では鏡で見て何もなさそうでも、実は歯の裏側や歯と歯の間など、隠れた場所に虫歯が出来ていることもあるので、気になったら歯医者に行くか、気になる前に定期的に検診を受けるなど、早めの対処を心がけましょう。

【歯周病】
歯周病はギネスブックにも認定されている人類史上最も感染者数の多い感染症です。
歯周病は歯の周りについた汚れや菌が原因であり、初期では痛みがありません。
稀に歯の痛みと勘違いしてしまうこともありますが、悪くなっているのは歯肉や歯槽骨ですので、「虫歯と思って歯医者に行ったら歯周病だった」という話もよくあります。

歯周病は、痛みのほかに歯のぐらつきや独特の匂いを伴う事もあります。
これらは痛みも含めて歯科医院で適切な処置を受けなければ改善は難しいものです。
歯周病の最大の治療は予防です。
予防歯科で歯周病のリスクを少しでも減らしておきましょう。

【歯の根の病気】
歯の根の病気は、歯の痛みの中でも非常に大きな痛みを伴う事があります。
中には歯の根の先に膿の袋ができてしまうと、その膿の袋はどんどん大きくなり、歯以外にも影響を及ぼす事もあります。
また、膿は強烈な匂いを発したり、顔の腫れなど痛み以外にも身体に症状が表れることがあります。

治療は通常の虫歯と比べて期間や回数が長くかかります。
痛みの特徴としては、「噛むと痛い」「歯が浮いた感じ」「歯茎に出来物ができる」「睡眠時にズキズキ疼く」などがあります。
心当たりがあれば一度歯科医院にて調べてもらいましょう。

お口回りのお悩みがございましたら、お気軽にご来院くださいませ。

 

かわさき歯科・矯正歯科
院長  川崎 健一

神奈川県大和市深見西1-4-30

0120-918-418

http://www.rfdnt.com

#大和市 #大和 #歯科 #歯医者 #インビザライン矯正 #部分矯正 #矯正認定医 #矯正専門医 #東北大学 #歯列矯正 #歯科医院 #鶴間 #神奈川 #深見西

なぜ虫歯になるのか?

こんにちは、かわさき歯科・矯正歯科
院長の川崎です。

先日、患者さんからこんな疑問を受けました。「川崎先生、毎日歯を磨いているのに、どうして虫歯になるのでしょうか?」

結論から言います。

「虫歯の出来やすい場所の汚れが落ちていなかったから」と考えられます。

歯を磨いても汚れが落ちていなければ、歯を磨いていないと同じことです。

歯磨きの一番の目的は、「プラーク(歯垢)を落とすこと」です。

歯を磨くタイミングに注意し、特にプラークの付きやすい場所を丁寧に磨く必要があります。

【正しい歯磨きの3つのポイント】
1 その日の汚れはその日に落とす。
(虫歯の出来やすい場所)
・歯の噛む面
・歯と歯の間
・歯と歯ぐきの境目
をしっかり磨いてください。

2 お口の大きさに合った歯ブラシを選んでください。
直角に当ててソフトタッチで磨く。

3 虫歯を防ぐには、磨き残しをいかに少なくするかが大切です。
丁寧に歯を磨く習慣をつけましょう。
また、糖分を採りすぎない食生活を心がけ、糖分がお口の中にある時間を
なるべく少なくしてください。

最も一般的な歯磨きの方法は「スクラッピング法」です。

歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境に垂直に当て、小刻みに横にこすってプラークを取り除きます。

歯ブラシだけでは、歯の汚れは60%程度しか落とすことはできません。必ずデンタルフロスや歯間ブラシなどを併用することが大切です。

歯周病に適した磨き方もあります。

興味がある方は、気軽に聞いてくださいね。

メディア取材のお知らせ

こんにちは。
かわさき歯科・矯正歯科  院長の
川崎健一です。

NTTドコモのWebマガジン エディトゥールに、私が取材を受けた記事が掲載されました。今回は「今からでも遅くない歯列矯正のススメ」という記事に取材協力させていただいております。

http://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/18302

 

 

#大和市 #大和 #歯科 #歯医者 #インビザライン矯正 #部分矯正 #矯正認定医 #前歯 #東北大学 #歯列矯正 #歯科医院 #鶴間 #虫歯 #神奈川 #インビザライン #マウスピース矯正

 

院長ブログ開設のお知らせ

みなさんこんにちは。

かわさき歯科・矯正歯科 院長の川崎健一です。

このブログでは、最新の歯科情報や知ってためになる話題を掲載していきたいと思います。

よろしくお願いいたします!

 

 

大和市の総合歯科 かわさき歯科・矯正歯科

http://www.rfdnt.com

#大和市 #大和 #歯科 #歯医者 #インビザライン矯正 #部分矯正 #矯正認定医 #前歯 #東北大学 #歯列矯正 #歯科医院 #鶴間 #虫歯 #神奈川 #インビザライン #マウスピース矯正