「虫歯とチョコレート」

2月14日は、バレンタインデーですね。

愛情を込めてチョコレートを贈るという男女の愛の誓いの日としてめでたい日です。

 

そして、バレンタインといえばチョコレート。

 

イメージで、昔から虫歯の原因のように扱われてきましたが

実際はどうなのでしょうか?

 

チョコレートに含まれる砂糖は確かに虫歯を誘発します。

前回の投稿でも触れていますが、お口の中のミュータンス菌がこの砂糖を餌として強い酸を出します

 

しかしながら、チョコの主成分のカカオには抗菌作用があり、これは虫歯菌にも作用するので、虫歯の働きを抑制する効果があると言えるのです。

 

また、最近では砂糖を使わず「キシリトール100%」で甘みをだす「歯医者さんが作ったチョコ」なんて商品も出て来たりしています。

 

結局のところ、チョコレートが特別虫歯の原因になりやすいといったことは無く、食べたその後にきちんと口の中を綺麗にする事が大事になります。

 

ですので、どの食べ物でも一緒ですね。

 

お口のことでお困りのことがありましたら、お気軽にかわさき歯科・矯正歯科までお越し下さいませ。

 

(追伸)

天気予報ですでにご存じの方も多いかと思いますが、今日の夜から2月2日にかけて積雪するかも知れないとの事なので、外出の際は、足元には十分お気をつけ下さいませ。

 

かわさき歯科・矯正歯科

院長  川崎 健一

 

#大和市歯科 #大和市歯医者 #大和市小児歯科 #大和市矯正歯科 #大和市部分矯正 #大和市インビザライン #大和市マウスピース矯正 #大和市歯周病 #表参道矯正歯科 #ダイアモンドプロバイダー #川崎健一